« 2023年の最初に | トップページ | 令和6年度自動車税 »

ヤリスなどのリコール

ヤリス、アクア、シエンタのリコールトヨタ
リコールの届出について(トヨタ ヤリス 他)国土交通省

2023年6月にロアアームのリコールが出ていましたが、それはうちのヤリスは対象外でした。

20240131_1ところが今回もロアアームのリコールですが、リコール対象に含まれてしまいました。

前回はボールジョイント取付部の製造が不適切なために亀裂が生じる可能性があるとのことでしたが、今回はボールジョイント取付部の耐久性の検討が不十分なため融雪剤が頻繁にかかると腐食して亀裂が生じる可能性があるとのことです。
私自身はあまり雪降らないところに住んでいますので焦る必要は無いと思っています。3月のサマータイヤに戻すときか6月の12ヶ月点検と同時に出来れば良いなと考えております。

|

« 2023年の最初に | トップページ | 令和6年度自動車税 »

コメント

 なんか、特にEV関係でゴミはトヨタ叩きしたくってしょうがないらしいですが…って印象しか持ってないのですが、それとは別にこういうリコール対応も、日本メーカーは結構真面目にやってると思うんですがねぇ…。

 大昔の「ラリーX」誌で、デルタの維持関係の記事があった記憶があるんですが、覚えているフレーズ?が…。

「壊れるってレベルを日本車と同じに考えてはいけない」

 だったと記憶しています。

 エアコンは4万キロもいかずに壊れるとかあった記憶が…(^-^;

 で、いつも見てるまとめサイトで最近あったネタなんですが…。
https://you1news.com/archives/103339.html
 何の大喜利なんだコレ(核爆)

投稿: ながみ@GF8C&TT2N | 2024/02/05 19:34

>>ながみ@GF8C&TT2Nさん
某国民車の7速乾式DSGの顛末見ると…ねえ?

投稿: 奇妙な青 | 2024/05/25 00:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2023年の最初に | トップページ | 令和6年度自動車税 »